Renovation

SU-Renovation

交野市の妙見山麓に広がる自然豊かな住宅街に建つ、築35年を超える木造住宅のリノベーションです。家族構成やコストを考慮し、建物の構成を大幅に変えることはぜず、その分、コンパクトだったLDKと水廻りの面積を広げ、注意深く古い建物の中心に入れ直す設計にしています。刷新したLDKと水廻り以外の和室や広縁、玄関は昭和ノスタルジックな空間そのままにし、一部階段ホールやWICは古い構造を現にしています。昔の雰囲気を残した和室はDIYで左官を塗り直すことで、つくりはそのまま、新しい施主好みに更新しています。手を加えたLDKやホールとこれら古い部分を対峙させることで、新しさを引き立たせるとともに、新築では獲得出来ない深みのある空間を実現しています。

公園として利用される溜め池越しに見る外観遠景。
既設の和室の設えと木構造を活かし、新旧の要素が混ざり合ったLDKに仕上がりました。
キッチンの窓からは溜め池方向に視線が抜け、料理をしながら開放感を感じられます。
階段(既設利用)越しには天井を取り払いあらわしとなった小屋組みをインテリアの要素にしています。
シンクとコンロを分けた製作キッチン
縁側は開放感を求めて幅広いサッシに更新し、かつ断熱性能を高めています。
和室からLDKを見る。
和室:丁寧に造られた欄間や書院などの設えをそのまま利用し、古いものと新しいものを共存させています。
WICの天井は取払い、小屋組みをアラワシにしました。
2階の和室は広がりをつくるために階段に面する壁を撤去しています。
2階廊下
玄関
夕景
外装は黒一色で塗装し、古さを感じさせない見え方にしています。