Apartment

[NEW]MU難波ウエスト

大阪市浪速区の難波からほど近い住宅街に建つ鉄筋コンクリート造10階建ての共同住宅です。

35m21LDKの住戸が18戸で構成されています。

構造計画は7.5m×13mの躯体を4本柱とし、バルコニー部をアウトポールとすることで、室内に柱型が現れずすっきりとした室内にできるというメリットが生まれます。

これは2019年に施行された準防火地域内の建ぺい率10%の緩和措置を利用しバルコニー面積を広げることができたことも要因となっています。

ファサードは淡い緑色のタイルと白のガラス面で構成されています。

アプローチや廊下などの共用部にも緑や茶系のナチュラルカラーを配色し、落ち着いた雰囲気のあるマンションデザインとなっています。

薄緑と白いガラス手摺で構成されたファサード。
地域でも高い建物のひとつになりランドマークらしさが生まれています。
1階外壁には黒御影石を貼っています。
アプローチ
アプローチは木と石でナチュラルな内装に仕上げています。
EVホール
基準階 共用部廊下
共用部は内廊下とし、薄い緑色の配色。
住戸
住戸
共用部夕景
共用部夕景
外観夕景

撮影/Yamada Keishiro