Renovation

[NEW]SI-House

築100年を超える古民家を古き良き趣はそのままに、現代の生活スタイルに合わせながら性能と空間のアップグレードを試みたプロジェクトです。
庭に面した客間はそのまま残す為、メインとなるLDKは住宅の中心になり採光が期待できず、2階を減築しながら直接トップライトから採光を確保しています。
LDKの中心には大きなキッチンを配し、その左右にパントリー、シューズクロークを配置する事で玄関、LDK、パントリー、洗面まで連続させ、家事動線の短い間取りに更新しています。

撮影/Yamada Keishiro