Housing

A-House

昭和ノスタルジーが残る大阪市生野区の住宅密集地で、元々5軒長屋の角地に新たに店舗付きの住宅をつくる計画です。外観は必要店舗面積を3層積み上げたボリュームを、斜線制限と隅切りによって 斜めにカットした形とし 、最後に容積率を抑えるために空に向かって開いたテラスを大きなヴォイドとして入れ込んだ形態です。このテラスにより表面に出る窓を極力抑え、住宅地の中でありながら生活感を極力感じさせなくすることで、店舗が引き立つように計画しています。住宅内部もテラスによって採光と通風、プライバシーを確保することができ、 住宅密集地でも安心して使える半屋外空間としてLDKと一体的に楽しむことができます。

角地に位置しており視認性が高く、マッシブなボリューム感のある建物です。
遠景
外壁はやや艶のある仕上が光の当たる場所により表情を変えています。
生活感を排除した無機質な外壁にしています。
住宅の窓は極力少なくしています。
夕景
住宅部分は前方に設けた大きなヴォイドから採光を確保しています。
外部から視線を気にしなくても良いように外壁を立ち上げ、空に向かって開いています。
バルコニーは白く塗装しているので光が拡散し、内部まで光を届けます。
子供室
1階焼肉屋さん
焼肉店はシンプルなインテリアデザインです。